■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Protesting Restart of Oi Nuclear Reactor/大飯原発再稼働
Today (1 July, 9:00p.m. JST) is the planned date for the restart of Oi Nuclear Power Plant in Fukui Prefecture (near Kyoto).

People are protesting the restart just in front of the power plant.
You can see the demonstration live on this Ustream channel.
http://www.ustwrap.info/multi/iwakamiyasumi::iwj-oita1

本日7月1日午後9時に福井県大飯原発の再稼働が予定されています。

再稼働に反対する人々のデモの様子がこちらのUstreamでごらんになれます。
http://www.ustwrap.info/multi/iwakamiyasumi::iwj-oita1



テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 11:14:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
R.I.P. Mr. Hizumi/日隅一雄さん安らかに
Kazuo Hizumi, a lawyer and freelance journalist in Japan, has died on 12 June 2012 because of gallbladder cancer. He was 49.

Many of the Japanese who watched the internet media closely after the 311 disaster may know his name. He was one of the few journalists who attended each and every news briefing held by TEPCO (Tokyo Electric Power Company who owns the wrecked nuclear power plants in Fukushima).

In a chaotic situation just after the disaster, TEPCO news conferences were held irregularly at short notice, even in the middle of the night. Hizumi and Ryuichi Kino, also a freelance journalist, often spent nights in their sleeping bag on the floor of the TEPCO main building, not to miss the important information released by the company. Their contribution to the public's right to know can't be overestimated, considering the special circumstances of Japanese media (major newspapers and TVs) that just convey what the authority or the company says and never try to pursue the truth in the press meetings.

The biggest contribution of Hizumi, I think, was the cross-examination in the TEPCO press conference on 4 April 2011. On this day, TEPCO suddenly announced to release radioactive waste water to the sea, only few hours before the planned release time. There was no chance for the Japanese public or the international communities to oppose the decision. Then Hizumi and other freelance journalists who attended the meeting strongly questioned TEPCO,asking who decided it, why they decided, and whether there was any alternative. (I was watching this press meeting live on the ustream, and hearing the news of the release of contaminated water I unconsciously got chills down my spine. The only hope for us was their pursuance of the nature of this matter.)

Here is the link to the YouTube video in question. Even if you don't understand Japanese language, you can see only Hizumi (in white jacket) Kino and Uesugi questioned TEPCO. (Other silent participants were the newspersons who belong to major newspapers and TV stations.)

TEPCO press briefing on 4 April 2011
http://www.youtube.com/watch?v=TJpk35I3h0Q

Hizumi was the journalist who pursued truth, even after he was told in May that he had only several months to live. In this crooked media situation in Japan, his efforts were enormous, leading us to the democracy.

R. I. P. Kazuo Hizumi

------------------------------------

2012年6月12日、弁護士でフリージャーナリストの日隅一雄(ひずみ・かずお)さんが胆のう癌のためお亡くなりになりました。享年49でした。

311後にインターネットメディアを注視しておられた方ならば彼の名前をご存じのことと思います。彼は東電の記者会見、政府との統合会見にほぼすべて出席なさっていた数少ないジャーナリストの一人でした。

発災後の混乱の中、東電が開く記者会見は不定期で、開催通知も急であり、会見が夜中に突然行われることもまれではありませんでした。日隅さんと、同じくフリージャーナリストの木野龍逸さんは、東電本社の床で寝袋で寝泊まりしてまで会見に通い詰め、発表される重大な情報を逃さないように努力されていました。記者会見での発表を鵜呑みにして伝えるだけの大手マスコミ。雇われ記者が交代で会見に出席するため誰も一貫して東電発表を俯瞰できなかった大手マスコミという日本の特殊なメディア事情を考えると、継続して会見に参加し東電の矛盾を暴いてくれた彼らの功績は、国民の知る権利に大きく寄与するものでした。

日隅さんの最大の功績は2011年4月4日の東電会見での一コマだと思います。この日、東京電力は、放射能汚染水を海に放出するという突然の発表を、しかも放出予定時間の数時間前というshort noticeで行ったのです。私たち日本国民も、海洋放出で影響をうける世界中の国も、反論の機会はまったく与えられませんでした。このとき、会見に出席していた日隅さんをはじめフリーのジャーナリストは、東電に強く詰め寄りました。(私はこのときの記者会見をライブで見ていましたが、汚染水の海洋放出という事の重大さに背筋が凍ったのを覚えています。そのなかで日隅さんらの追及が唯一の救いに思われました。)

そのときの模様がこちらの動画です。日隅さん(白いジャケット、めがね)、木野さん、上杉隆さんなどが東電を厳しく追及しています。(ここに映っている、メモすら取らず何も言わない大勢の記者たちは、大手メディアの記者です。この重大事件に、どうして質問すらしないでいられたのだろう。)
東電記者会見、2011年4月4日
http://www.youtube.com/watch?v=TJpk35I3h0Q

日隅さんは、2011年5月に余命宣告を受けてからも記者会見に参加なさり、講演を行い、本の出版をされるなど、真実の追求に尽力された方でした。日本のいびつなメディア事情のなかで、私たちを民主主義へと導いてくれた彼の功績に感謝します。

日隅一雄さん、やっと痛みから解放されましたね。安らかに。



日隅さんのブログはこちらです。
http://yamebun.weblogs.jp/my-blog/

東京新聞のおくやみ記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/obituaries/CK2012061302100003.html




テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 23:17:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
A burnt car/燃えた車
a burnt car


This is a post on Facebook on 4 May by Shiggy Yoshida.

There was a burnt car left untouched near Kadowaki Elementary School in Ishinomaki City, Miyagi Prefecture.

I was taking a picture of it when a tourist woman came up and asked me,
"Is this a symbol object to remember the disaster?"

"No, it's just left here." I answered.

Memory fades...just as this car weathers.


---------------------------

これは、カメラマン、シギー吉田さんが5月4日にFacebookに投稿した写真です。

門脇小学校の近くに放置されている燃えた車。

写真を撮っていると、観光客の女性が「震災を忘れない為のオブジェですか?」と聞いてきた。

「いや、そのままになっているだけですよ」

記憶は風化していく。この車のように。


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 22:56:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
Voices of Fukushima/堀潤さんから
In some parts of Fukushima Prefecture, radiation level is still high in spite of decontamination efforts. Some people decided to leave, and some decided to remain in Fukushima. Both of them were forced to make a hard decision, amid conflicting information on the risk of radiation.

Jun Hori, a famous news broadcaster in Japan who recently left NHK, visits Fukushima many times.

These are his posts on Twitter on 4 May, 2012. He wants to share the words of Fukushima residents with as many people as possible.

------------------------
The resident was proud of her garden. Over 30 years, she worked with this garden and it turned to be a small farm where organic, chemical-free vegetables grow. Every season she cropped good vegetables. But this was lost by the nuclear accident. She developed depression due to stress.

She says she cannot help crying when she sees the cherry trees in full bloom with various birds singing around. “Poor bird, you may not know but you are also contaminated, in this beautiful place where nothing seems to change.” I don’t know how much the birds are contaminated, but residents here feel stress every day every moment to be exposed to radiation.

There is a private path at the back of the resident’s house. Using this path is now prohibited by the local government.

I measured the radioactivity on the path. The dosimeter showed more than 2.5 micro Sv (sievert) per hour. The path is surrounded by grasses and trees. The resident said disappointedly that they had nothing better to do.
(Note: Roads with trees and grass tend to have more radioactive substances because they have more surface area than paved roads.)

I am now in Fukushima Prefecture. I talked with people who live in the area where the radioactive level is higher than other areas. I asked straightforwardly, “Is there anything I can do for you?” All of their answers were of similar nuance, and it stuck in my mind.

One resident said, “I am most sad when people ask me ‘why don’t you evacuate from here?’” She continued, “I decided to stay here. I have my job here, I have my house here. I suffered a lot and I got a conclusion that I cannot live a life anywhere else. Every time I am asked why I don’t leave here, I feel isolated and got hurt.”

Then she said, “sometimes I want to cry out ‘I would have evacuated months ago if I could!’ I don’t want people forget about us, but at the same time, I don’t want them to poke their nose in our business too much. I feel very complicated. I just want to be treated normally. I just want that.”

One of the residents revealed how she felt. “It’s too hard and painful for me to hear the people outside Fukushima say 'you may be worrying too much.’ I want to say to them, ‘do you really know what the life here is like, always keeping an eye on the measurement of the dosimeter?’ I can never tell my anxiety to others, maybe because I am afraid of hearing the words from them.”

I’ve heard from the residents that the freedom of choice is gradually restricted. It’s easy to say “you can evacuate if the place is dangerous.” But how about the residents’ work? Housing loans? Living expenses? School fees? ...We have to consider how we can solve their fear of losing income. It is the matter of employment. And this is a realistic priority.


-------------------------------

福島では除染の努力にもかかわらずいまだ線量の高い地域もあります。県外への避難をした人、福島に残る決意をした人それぞれおられますが、みなさん、放射能リスクについての情報が錯綜する中で非常に厳しい決断をせざるをえませんでした。

以下は、NHKアナウンサーだった堀潤さんの5月4日のツイートです。福島に何度も通っている堀さんは、福島に住む人たちの声をできるだけ多くの人に知ってもらいたいとおっしゃっています。

住人にとって自慢の庭だった。30年をかけて自宅の庭は有機無農薬栽培の野菜が採れるちょっとした農園となった。美味しい野菜が季節毎に育った。しかし原発事故によって、それは奪われた。住人はストレスによって鬱を発症した。

住人は満開の桜で鳥がさえずる姿を眺めると涙が止まらなくなるという。「何も知らずにあなたも汚染されているのね。美しい景色は何も変わらないのに」鳥がどれ程被曝しているのかわからない。しかし、日々さらされる放射能へのストレス(原文ママ)

住人の家の裏には小学校へ続く私道があるが、今は、行政によって、通行しないように地元への通達が出ている。

その私道の線量を計ると、毎時2.5マイクロシーベルトを越える。草木が覆うこの道の対策は、通行止めを呼びかける他、方法がなかったのだろうと住人は肩を落とす。

いま、毎週福島県を訪ねている、特に放射線量が周辺よりも高い地域で暮らす住民の皆さんに話を聞いた。「僕が皆さんにできる事は何でしょうか?」と率直に質問した。その回答は、皆、同じニュアンスのもので、僕の胸に刺さった。

「なぜ逃げないの?という言葉をかけられると一番傷つきます」という住民の方の言葉だ。「私は残るという決断をしました。仕事も家もあるし、ここにいなければ生活が出来ないから残るという決断を悩んでしたのです。なぜ逃げないの?と繰り返し言われる度に孤立した気持ちになり、傷つくのです」。

そしてこう続く。「逃げられるものなら、とっくに逃げてるわよ!と、時々大きな声で叫びたくなる日もあります。私たちの事を忘れて欲しくない。でも、関わり過ぎて欲しくない。とても、複雑な気持ちでいます。普通に、接して欲しい。ただただ、そうあればよいのにと思うのです」。

さらに辛い胸の内を聞いた。「県外の人たちからの、気にし過ぎなんじゃないの?という言葉を聞くのがとても辛いし苦しい。日々放射線量の数値を眺める生活がどんなものか分かりますか?と。周りに自分の不安を打ち明けられないのは、そうした言葉が返ってくるのが怖いからなのかもしれません」。

選択の自由が奪われていく現状を僕は住人の皆さんから聞いた。「危険だったら逃げればいい」という言葉は簡単だ。しかし、その皆さんの仕事は?ローンは?生活費は?学費は?…。年収を維持できなくなる不安をどう支援するのか考えなければいけない。つまり雇用の問題。現実的な優先課題だ。



テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

Nuclear accident | 04:55:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
"Nuclear Nation"
"Nuclear Nation" is a documentary film on the nuclear accident refugees in Fukushima. This is the short trailer of it, but you can get a glimpse of how people feel now, being unable to return to their hometown.

Trailer website in English
http://nuclearnation.jp/en/

All areas in Futaba Town in Fukushima are designated as the exclusive zone (20km radius of the disturbed nuclear power plant), and the town administrative function had to relocate to Saitama (near Tokyo). Many people from Futaba Town have moved with the town function to Saitama, and they still live in an abolished school building as the temporary shelter.

-----------------------------

「Nuclear Nation」は、チェルノブイリ以来初めての原発事故難民となった福島県双葉町の住民に焦点をあてたドキュメンタリー映画です。予告編の動画だけですが、町を去らなければならなかった人々の今を垣間見ることができると思います。

日本語ページ
http://nuclearnation.jp/jp/

双葉町は全域が警戒区域に入っており、町役場の機能ごと埼玉県に移転しました。住民も多くが埼玉に来ており、いまだに仮設住宅(廃校となった高校)に住んでいる人もいます。



テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

After 311 | 19:31:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。