■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
R.I.P. Mr. Hizumi/日隅一雄さん安らかに
Kazuo Hizumi, a lawyer and freelance journalist in Japan, has died on 12 June 2012 because of gallbladder cancer. He was 49.

Many of the Japanese who watched the internet media closely after the 311 disaster may know his name. He was one of the few journalists who attended each and every news briefing held by TEPCO (Tokyo Electric Power Company who owns the wrecked nuclear power plants in Fukushima).

In a chaotic situation just after the disaster, TEPCO news conferences were held irregularly at short notice, even in the middle of the night. Hizumi and Ryuichi Kino, also a freelance journalist, often spent nights in their sleeping bag on the floor of the TEPCO main building, not to miss the important information released by the company. Their contribution to the public's right to know can't be overestimated, considering the special circumstances of Japanese media (major newspapers and TVs) that just convey what the authority or the company says and never try to pursue the truth in the press meetings.

The biggest contribution of Hizumi, I think, was the cross-examination in the TEPCO press conference on 4 April 2011. On this day, TEPCO suddenly announced to release radioactive waste water to the sea, only few hours before the planned release time. There was no chance for the Japanese public or the international communities to oppose the decision. Then Hizumi and other freelance journalists who attended the meeting strongly questioned TEPCO,asking who decided it, why they decided, and whether there was any alternative. (I was watching this press meeting live on the ustream, and hearing the news of the release of contaminated water I unconsciously got chills down my spine. The only hope for us was their pursuance of the nature of this matter.)

Here is the link to the YouTube video in question. Even if you don't understand Japanese language, you can see only Hizumi (in white jacket) Kino and Uesugi questioned TEPCO. (Other silent participants were the newspersons who belong to major newspapers and TV stations.)

TEPCO press briefing on 4 April 2011
http://www.youtube.com/watch?v=TJpk35I3h0Q

Hizumi was the journalist who pursued truth, even after he was told in May that he had only several months to live. In this crooked media situation in Japan, his efforts were enormous, leading us to the democracy.

R. I. P. Kazuo Hizumi

------------------------------------

2012年6月12日、弁護士でフリージャーナリストの日隅一雄(ひずみ・かずお)さんが胆のう癌のためお亡くなりになりました。享年49でした。

311後にインターネットメディアを注視しておられた方ならば彼の名前をご存じのことと思います。彼は東電の記者会見、政府との統合会見にほぼすべて出席なさっていた数少ないジャーナリストの一人でした。

発災後の混乱の中、東電が開く記者会見は不定期で、開催通知も急であり、会見が夜中に突然行われることもまれではありませんでした。日隅さんと、同じくフリージャーナリストの木野龍逸さんは、東電本社の床で寝袋で寝泊まりしてまで会見に通い詰め、発表される重大な情報を逃さないように努力されていました。記者会見での発表を鵜呑みにして伝えるだけの大手マスコミ。雇われ記者が交代で会見に出席するため誰も一貫して東電発表を俯瞰できなかった大手マスコミという日本の特殊なメディア事情を考えると、継続して会見に参加し東電の矛盾を暴いてくれた彼らの功績は、国民の知る権利に大きく寄与するものでした。

日隅さんの最大の功績は2011年4月4日の東電会見での一コマだと思います。この日、東京電力は、放射能汚染水を海に放出するという突然の発表を、しかも放出予定時間の数時間前というshort noticeで行ったのです。私たち日本国民も、海洋放出で影響をうける世界中の国も、反論の機会はまったく与えられませんでした。このとき、会見に出席していた日隅さんをはじめフリーのジャーナリストは、東電に強く詰め寄りました。(私はこのときの記者会見をライブで見ていましたが、汚染水の海洋放出という事の重大さに背筋が凍ったのを覚えています。そのなかで日隅さんらの追及が唯一の救いに思われました。)

そのときの模様がこちらの動画です。日隅さん(白いジャケット、めがね)、木野さん、上杉隆さんなどが東電を厳しく追及しています。(ここに映っている、メモすら取らず何も言わない大勢の記者たちは、大手メディアの記者です。この重大事件に、どうして質問すらしないでいられたのだろう。)
東電記者会見、2011年4月4日
http://www.youtube.com/watch?v=TJpk35I3h0Q

日隅さんは、2011年5月に余命宣告を受けてからも記者会見に参加なさり、講演を行い、本の出版をされるなど、真実の追求に尽力された方でした。日本のいびつなメディア事情のなかで、私たちを民主主義へと導いてくれた彼の功績に感謝します。

日隅一雄さん、やっと痛みから解放されましたね。安らかに。



日隅さんのブログはこちらです。
http://yamebun.weblogs.jp/my-blog/

東京新聞のおくやみ記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/obituaries/CK2012061302100003.html




テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 23:17:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
A burnt car/燃えた車
a burnt car


This is a post on Facebook on 4 May by Shiggy Yoshida.

There was a burnt car left untouched near Kadowaki Elementary School in Ishinomaki City, Miyagi Prefecture.

I was taking a picture of it when a tourist woman came up and asked me,
"Is this a symbol object to remember the disaster?"

"No, it's just left here." I answered.

Memory fades...just as this car weathers.


---------------------------

これは、カメラマン、シギー吉田さんが5月4日にFacebookに投稿した写真です。

門脇小学校の近くに放置されている燃えた車。

写真を撮っていると、観光客の女性が「震災を忘れない為のオブジェですか?」と聞いてきた。

「いや、そのままになっているだけですよ」

記憶は風化していく。この車のように。


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 22:56:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
"Nuclear Nation"
"Nuclear Nation" is a documentary film on the nuclear accident refugees in Fukushima. This is the short trailer of it, but you can get a glimpse of how people feel now, being unable to return to their hometown.

Trailer website in English
http://nuclearnation.jp/en/

All areas in Futaba Town in Fukushima are designated as the exclusive zone (20km radius of the disturbed nuclear power plant), and the town administrative function had to relocate to Saitama (near Tokyo). Many people from Futaba Town have moved with the town function to Saitama, and they still live in an abolished school building as the temporary shelter.

-----------------------------

「Nuclear Nation」は、チェルノブイリ以来初めての原発事故難民となった福島県双葉町の住民に焦点をあてたドキュメンタリー映画です。予告編の動画だけですが、町を去らなければならなかった人々の今を垣間見ることができると思います。

日本語ページ
http://nuclearnation.jp/jp/

双葉町は全域が警戒区域に入っており、町役場の機能ごと埼玉県に移転しました。住民も多くが埼玉に来ており、いまだに仮設住宅(廃校となった高校)に住んでいる人もいます。



テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

After 311 | 19:31:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
High School Students in Minami-Sanriku
Shiggy Yoshida, a cameraman, is taking pictures of the affected areas, and here is one of his photos taken in the tsunami-hit Minami-sanriku Town, Miyagi Prefecture.

がれき高校生

Shiggy comments;

There is plenty of happy young couples like this in the world...riding on the same bike, running swiftly --- but here, through a town of rubble. It was like a scene from a movie.

Mr Ken Sato in Ofunato City (Iwate Pref.) gave me a comment on this photo, saying that

“There were a lot of elementary school children going to school between piles of rubble here in Ofunato, too. They go to school just like before...but there are temporary houses on the school playground...they don’t even have spaces to play but they all smile and say ‘We are all right!’ I’m sorry for them. I can do things little by little but I swear I will give them better life!”

Adults in the affected areas are frustrated with lumbering reconstruction. Apology and hope for children, all mixed. Still, they struggle to take a step further.

I don’t think I can make a difference, but I want to record these people with my camera...the people who are steadily stepping forward for the future. I believe someday in the future we can look back the event with calm eyes.
Photo taken in Minami-Sanriku Town, Miyagi Prefecture.


---------------------------

どこの街でも見かける高校生のカップル。二人乗りで瓦礫の街を風のように走り抜ける。まるで映画のワンシーンのよう。

この写真に大船渡の佐藤健さんからコメントを頂いた。

「こちらでもがれきの中を登校する小学生の姿がたくさんありました。当たり前のように登校している子供たち・・・校庭には仮設住宅・・・運動する場所さえないのに笑顔で「大丈夫です!」という子供たち! ごめんな!本当に少しずつしか進まないけど何とかするからな!」

なかなか思うように復興が進まない現地の大人たちの想い。子どもたちへの想い。それでも、半歩でもいいから前に進もうとする気持ち。

たいしたことはできないが、これからも現地で未来のために歩を進める人々の記録を少しずつ写真として残していきたい。何十年後かにあんな日があったと言える日がくると信じて。 — at 南三陸町.




Visit his website for more photos.
シギー吉田さんの写真はほかにも以下でたくさん見ることができます。
http://reportjapan.com/




テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 22:19:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
Support Samurais in Tohoku/東北の侍を
Can you believe that there still is a community without electricity in the tsunami disaster areas?

This is a grievous cry of Takayuki Niinuma, who continues supporting people by providing power supply.

13ヵ月経った今でもまだ電気の通っていない集落があると、信じられますか?
これはFacebookで拡散希望なさっていた、新沼暁之(にいぬまたかゆき)さんの悲痛な叫びです。
新沼さんは1年間にわたりボランティア支援を続けてきておられます。


-------------------------------
534020_124947950971950_100003702377601_114777_926613415_n.jpg




This is my first and last wish. Share this photo and my words.

Please help me...
I think I’ve reached the limit...
The fund for the project almost dry up, and I wonder this is the epilogue of my support

Some relief projects may end
But some shouldn’t.

My project is to provide a small-sized power supply to communities and houses without electricity.
Can you believe it?
This photo is taken today.

We still have this kind of village.

I have supported 20 houses in this community.
These are half-broken houses but upstairs there is a “life”
There is a life in which people carry water in a plastic bottle,
without gas, using a torch and candles.

Is it OK?
Is it really OK to leave them behind, hearing them say
“Hey Niinuma, we may be without electricity for 3 more years,” laughing?
“Reconstruction” “reconstruction”
That is the word loved and chanted by many
but is it OK for me to live my own life, just chanting the word like others?

I love Tohoku...
There was time I left here
But something I know now is
I love Tohoku.

People in Tohoku
They are all patient
They never complain
They just endure

All of them are strong
I love them

They tolerate this devastation
They even laugh

I have supported many communities
From Aomori to the north to Ibaraki to the south

Maybe only this area still don’t have essential utilities.
But there are “lives” of people who cannot escape
Why?
Because they are fishermen called “Samurai”
They pray to the sea in the early morning
They work hard till the sun sets
They loved the sea, protected the sea, and lived with the sea.

Tsunami is a natural disaster
It caused emotional and physical wrecks
in Samurais who have been protecting the sea

But Samurais keep walking
They work without complaining
They smile at me
They cry, holding a bottle of Shochu spirit
And Samurais smile and tell a lie “I can make it somehow, maybe”

“Fighting Spirit Oysters”
These survived the overwhelming tsunami
But they are bought at lowest prices
A big basket full of Fighting Spirit Oysters
is only 2000 yen (20USD)
Today buyers came and bought them at a discount price again
“It’s OK...” they lie.

Is it really OK? I ask myself.
Is it really OK, Tohoku?
Is is really OK, Japan?

Now I ask you
Japanese people who couldn’t do anything

Japanese people who wanted to do something but couldn’t

Shall we unite now?

Can we unite now?


Please, help me.
I beg you, I bow with this bald head
So, please, please help me.

Will you please let these Samurais stand at the start line?

We shouldn’t look away.
This is our reality.
We must become as one.

I tell you Samurais on Facebook
This is my first and last wish

Give me wisdom
Give me money
Give me courage

I can’t leave them behind

They are under dim light from a solar panel I provided
They are still holding a bottle of Shochu

What are they thinking now?

Contact me...
Takayuki Niinuma

Gambaro Tohoku. (Hang on, Tohoku)
That’s not true.
Gambaro Japan. (Hang on, Japan)
That’s not true.

Totally wrong!
“Tohoku!!! “Japan!!”
This is how we should say.

... Sorry for my bad grammar.
I’m not drunk...
I did not drink...


--------------------------------------------

最初で最後の超拡散希望。

助けてください。。
もう限界かな…
プロジェクトの資金も底が見え、一年に及んだ支援活動にもエピローグが…。

終わっていい支援プロジェクトがある。
終わっちゃいけない支援プロジェクトがある。

未だ電気のない集落、民家…そこに小さな電力を支援する俺のプロジェクト。。

信じられる?
今日の写真だよ。

こんなとこがある。

この集落に約20件電力支援をしてきた。
こんなブッコワレタ家でも二階に上がればソコニ「生」がある。
水を未だペットボトルで汲み。
ガスも無く。懐中電灯、ロウソクで灯す「生」がある。。

いいのか?

「新沼君!あと三年は電気なんかこねぇな~」と笑う彼等を置いて、「復興」と一つ覚えの様に唱え。
自分の事だけを考え、生きて。
いいのだろうか?


俺は
東北が好きだよ。。
離れた時もあったけど
だからわかった事。
俺は
東北が好きだよ。

我慢強くて
モノ言わぬ。。
耐えて耐えて。

みんな強くて
大好きだよ。。

こんな酷い災害にあっても
耐えて。
笑って。。

いろんな被災地を回り、
支援してきた。
青森から茨城まで。。
多分、
この集落だけ未だライフラインが整ってない。
でも逃げ出せない「生」がある
何故なら彼等は
漁師と言う「侍」だからだ。
明け切らぬ朝から海を拝み。
日暮れまで汗を流し。
海を愛し、守り、営んできた。

津波と言う天災。
海を守ってきた「侍」達を
ボロボロにした。。

だけど「侍」は歩く。

文句を言わず「侍」は汗を流す。

「侍」は俺の前で笑う。

「侍」は焼酎を抱き、泣く。
そして「なんとかなるさ…」と笑ながら嘘をつく。。

生き残り、津波に負けなかった安すぎる「根性牡蠣」。
大きなカゴに沢山入って2000円。。
業者が今日もタタイテ買っていく。
「それでもいいさ…」と嘘をつく。。

いいのかな?俺達。
いいのかな?東北。
いいのかな?日本。

何も出来なかった日本人よ。

したかったけど、
踏み出せなかった日本人よ。。

一つにならないか?

一つになれないか?


助けてください。。
このハゲた、安い頭をいくらでも下げるよ。。
助けてください。

「侍」達をスタートラインに立たせてあげてくれないか?


目を背けちゃいけないんだ。
これがリアル。
一つにならなきゃいけないんだ。

Facebookの「侍達へ」
最初で最後の拡散希望。。

知恵を…
資金を…
元気を…


彼等を置いていけないよ。



今夜も支援した
ソーラーパネルで
灯りを灯し
焼酎を抱いているよ。

何を想っているだろう?


連絡ください。。
新沼暁之

頑張ろう東北。
じゃない。。
頑張ろう日本。
じゃない。。

「そんなもんじゃねえだろ⁇
東北‼日本‼」
だろ。


乱文失礼しました。
酔ってません。
呑んでません。。

----------------------------------------




His Facebook is here (although in Japanese)
http://www.facebook.com/profile.php?id=100003702377601




テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 03:08:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。