■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
On the 2nd Anniv. of 3.11 (2)
Mr. Kazuhiko Abe is a junior-high teacher in Miyagi prefecture. I would like to share what he wrote on his Facebook on the second anniversary of the disaster.

--------------------------------------------

Today I ate as many as three meals.
I was in a warm, cozy room all day.
And I took a refreshing bath, too.

Everything is fulfilled, and yet tears flows and I cannot stop it. I think of the 20,000 and more people who have deprived of their lives by the disaster in spite of their strong desire for life. I think of him, and I think of her. Their voices and gestures. Even I feel like this. What is the families of the deceased feeling now? This makes me cry. I am depressing to think that I can be of no help for the families left.

Tomorrow we will step into the third year after the tragedy. I will appreciate each day and night, and would like to devote my life to create the world where no one will ever suffer from this kind of disaster and loss.



宮城県で中学校の教師をなさっている阿部かずひこ先生。2年目の3月11日にご自身のFacebookにこうお書きになっていました。

今日は3回もご飯を食べました。
一日中,暖房が入った部屋にいました。
そして,あったかいお風呂にも入りました。
 全てが満ち溢れているのに,何度も何度も涙が出て仕方ありません。あの大震災で,生きたくても,突然命を奪われることになった20,000人以上の人たちのことが思い出されます。あの人,この人の顔が,声が,しぐさが思い出されます。私がそうなのだから,ご家族を亡くされた方のことを思うと,涙が止まりません。その方のお力になれない自分が情けないのです。明日から3年目に向けた日々が始まります。一日一日が,もう二度とこのような災害で一人も悲しく,辛い体験をしないことを目指し,この命をささげたいと願っています。
スポンサーサイト


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 01:25:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。