■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Support Samurais in Tohoku/東北の侍を
Can you believe that there still is a community without electricity in the tsunami disaster areas?

This is a grievous cry of Takayuki Niinuma, who continues supporting people by providing power supply.

13ヵ月経った今でもまだ電気の通っていない集落があると、信じられますか?
これはFacebookで拡散希望なさっていた、新沼暁之(にいぬまたかゆき)さんの悲痛な叫びです。
新沼さんは1年間にわたりボランティア支援を続けてきておられます。


-------------------------------
534020_124947950971950_100003702377601_114777_926613415_n.jpg




This is my first and last wish. Share this photo and my words.

Please help me...
I think I’ve reached the limit...
The fund for the project almost dry up, and I wonder this is the epilogue of my support

Some relief projects may end
But some shouldn’t.

My project is to provide a small-sized power supply to communities and houses without electricity.
Can you believe it?
This photo is taken today.

We still have this kind of village.

I have supported 20 houses in this community.
These are half-broken houses but upstairs there is a “life”
There is a life in which people carry water in a plastic bottle,
without gas, using a torch and candles.

Is it OK?
Is it really OK to leave them behind, hearing them say
“Hey Niinuma, we may be without electricity for 3 more years,” laughing?
“Reconstruction” “reconstruction”
That is the word loved and chanted by many
but is it OK for me to live my own life, just chanting the word like others?

I love Tohoku...
There was time I left here
But something I know now is
I love Tohoku.

People in Tohoku
They are all patient
They never complain
They just endure

All of them are strong
I love them

They tolerate this devastation
They even laugh

I have supported many communities
From Aomori to the north to Ibaraki to the south

Maybe only this area still don’t have essential utilities.
But there are “lives” of people who cannot escape
Why?
Because they are fishermen called “Samurai”
They pray to the sea in the early morning
They work hard till the sun sets
They loved the sea, protected the sea, and lived with the sea.

Tsunami is a natural disaster
It caused emotional and physical wrecks
in Samurais who have been protecting the sea

But Samurais keep walking
They work without complaining
They smile at me
They cry, holding a bottle of Shochu spirit
And Samurais smile and tell a lie “I can make it somehow, maybe”

“Fighting Spirit Oysters”
These survived the overwhelming tsunami
But they are bought at lowest prices
A big basket full of Fighting Spirit Oysters
is only 2000 yen (20USD)
Today buyers came and bought them at a discount price again
“It’s OK...” they lie.

Is it really OK? I ask myself.
Is it really OK, Tohoku?
Is is really OK, Japan?

Now I ask you
Japanese people who couldn’t do anything

Japanese people who wanted to do something but couldn’t

Shall we unite now?

Can we unite now?


Please, help me.
I beg you, I bow with this bald head
So, please, please help me.

Will you please let these Samurais stand at the start line?

We shouldn’t look away.
This is our reality.
We must become as one.

I tell you Samurais on Facebook
This is my first and last wish

Give me wisdom
Give me money
Give me courage

I can’t leave them behind

They are under dim light from a solar panel I provided
They are still holding a bottle of Shochu

What are they thinking now?

Contact me...
Takayuki Niinuma

Gambaro Tohoku. (Hang on, Tohoku)
That’s not true.
Gambaro Japan. (Hang on, Japan)
That’s not true.

Totally wrong!
“Tohoku!!! “Japan!!”
This is how we should say.

... Sorry for my bad grammar.
I’m not drunk...
I did not drink...


--------------------------------------------

最初で最後の超拡散希望。

助けてください。。
もう限界かな…
プロジェクトの資金も底が見え、一年に及んだ支援活動にもエピローグが…。

終わっていい支援プロジェクトがある。
終わっちゃいけない支援プロジェクトがある。

未だ電気のない集落、民家…そこに小さな電力を支援する俺のプロジェクト。。

信じられる?
今日の写真だよ。

こんなとこがある。

この集落に約20件電力支援をしてきた。
こんなブッコワレタ家でも二階に上がればソコニ「生」がある。
水を未だペットボトルで汲み。
ガスも無く。懐中電灯、ロウソクで灯す「生」がある。。

いいのか?

「新沼君!あと三年は電気なんかこねぇな~」と笑う彼等を置いて、「復興」と一つ覚えの様に唱え。
自分の事だけを考え、生きて。
いいのだろうか?


俺は
東北が好きだよ。。
離れた時もあったけど
だからわかった事。
俺は
東北が好きだよ。

我慢強くて
モノ言わぬ。。
耐えて耐えて。

みんな強くて
大好きだよ。。

こんな酷い災害にあっても
耐えて。
笑って。。

いろんな被災地を回り、
支援してきた。
青森から茨城まで。。
多分、
この集落だけ未だライフラインが整ってない。
でも逃げ出せない「生」がある
何故なら彼等は
漁師と言う「侍」だからだ。
明け切らぬ朝から海を拝み。
日暮れまで汗を流し。
海を愛し、守り、営んできた。

津波と言う天災。
海を守ってきた「侍」達を
ボロボロにした。。

だけど「侍」は歩く。

文句を言わず「侍」は汗を流す。

「侍」は俺の前で笑う。

「侍」は焼酎を抱き、泣く。
そして「なんとかなるさ…」と笑ながら嘘をつく。。

生き残り、津波に負けなかった安すぎる「根性牡蠣」。
大きなカゴに沢山入って2000円。。
業者が今日もタタイテ買っていく。
「それでもいいさ…」と嘘をつく。。

いいのかな?俺達。
いいのかな?東北。
いいのかな?日本。

何も出来なかった日本人よ。

したかったけど、
踏み出せなかった日本人よ。。

一つにならないか?

一つになれないか?


助けてください。。
このハゲた、安い頭をいくらでも下げるよ。。
助けてください。

「侍」達をスタートラインに立たせてあげてくれないか?


目を背けちゃいけないんだ。
これがリアル。
一つにならなきゃいけないんだ。

Facebookの「侍達へ」
最初で最後の拡散希望。。

知恵を…
資金を…
元気を…


彼等を置いていけないよ。



今夜も支援した
ソーラーパネルで
灯りを灯し
焼酎を抱いているよ。

何を想っているだろう?


連絡ください。。
新沼暁之

頑張ろう東北。
じゃない。。
頑張ろう日本。
じゃない。。

「そんなもんじゃねえだろ⁇
東北‼日本‼」
だろ。


乱文失礼しました。
酔ってません。
呑んでません。。

----------------------------------------




His Facebook is here (although in Japanese)
http://www.facebook.com/profile.php?id=100003702377601


スポンサーサイト


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 03:08:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
FB上でシェアさせて頂きたかったんですが
出来ませんでしたので文章をコピーさせて下さい
2012-05-08 火 10:24:23 | URL | 菅佐原 [編集]
どうぞ~
菅佐原さん>

どうぞどうぞ。よろしくお願いします。
2012-05-08 火 12:21:59 | URL | Michiyo [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。