■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Animals after 311
Animal lover? You may understand how sad it is to live without your loving pets.

People in disaster-hit areas were forced to leave their pets, because the animal were not allowed in the shelter. Still now, there are hundreds of dogs and cats straying or in hunger in the exclusive zone, in spite of the efforts of animal rescue volunteers.

You can support them in an easy way.

Join "Project Fumbaro Eastern Japan, Animal Rescue Team" and you can contribute some food or other necessities for pets via Amazon Wish List!

This is the English website of the Animal Rescue Team.
http://wallpaper.fumbaro.org/animal/animal-rescue-english

Fumbaro East Japan is a network of people who voluntarily support victims in various ways, such as sending electric appliances to the people in temporary houses, organizing self-support projects including the sawing project for women and support for fishery, or implementing learning support projects for children. It was started by Takeo Saijo, lecturer at Waseda Univ., who himself lost his uncle in the disaster. The project reached many people who couldn't get aid from the government. The word "Fumbaro" means "hang on" or "stay strong."

---------------------

動物好きな方ならおわかりでしょう。愛するペットと離れて暮らすことがどんなに悲しいか。

多くの被災者は、避難時にペットとはぐれてしまったり、避難先で動物が飼えないためにペットを家に置いていかざるを得ませんでした。現在でも原発20キロ圏内の立ち入り禁止区域には飼い主を失った犬や猫がさまよい、飢えています。動物救済ボランティアの救出・給餌などの努力にもかかわらず動物たちはまだたくさんいます。

あなたにも支援する方法があります。

「ふんばろう東日本」の動物班の活動を支援するには、アマゾンのウィッシュリストにある餌などの必要品をぽちっと買っていただくだけです。これなら海外からでも支援ができますね。

ふんばろう東日本動物班のウェブサイト(日本語)
http://wallpaper.fumbaro.org/animal

「ふんばろう東日本」はボランティアで支援をする人々のネットワークで、仮設住宅の被災者に電気製品を贈る、ミシンプロジェクトや漁業支援などの自立支援をする、子供たちの学習支援をするなど、さまざまな活動をしています。ふんばろう東日本は早稲田大学大学院講師の西條剛央さんの呼びかけで始まりました。西條さんご自身も津波で叔父様を亡くされています。この全国規模のきめ細かいボランティアプロジェクトは政府や行政の支援の行き届かない人々にも支援の手をさしのべており、「本当に困っている人にいま必要なものを」という機動性のよさがその特徴とされています。
スポンサーサイト


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 00:25:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。