■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「忘れない」の決意/Never forget
以下の文章は、オランダのインターナショナル・スクール・オブ・アムステルダム(ISA)の12年生が学校の学生新聞に書いたものです。日本から遠く離れたオランダの地でも、東日本大震災の被災者を忘れない、そのメッセージが嬉しくて、私はエレナに翻訳転載する許可をもらいました。

日本の被災したみなさんに知ってほしい。こんな遠い異国の高校生たちも、まだみなさんのことを心から気にかけていることを。

----------------------
「ガンバッテ クダサイ、わたしたちは日本を忘れない」

暖かく陽光きらめく春がついにやってきて、学校の中庭の桜がまた満開を迎えました。その花はもちろん息を呑むほどの美しさですが、それでも、この桜が意味することに比べたら物理的な美など霞んでしまいそうです。その意味とは、ここアムステルダム・インターナショナル・スクールの人々が昨年日本で起きた地震・津波の被災者のためにひとつになったこと。去年、あの金曜日の朝、私は起きるなり、地震が起きたと妹が話しているのを聞いたことを覚えています。そのときは被害がどれほどのものか理解しておらず、地理の授業で日本のニュース生中継を見て初めて何がおこっているか知ることができました。ことばはわからなくても、恐ろしいまでの破壊の映像はショッキングでした。

被害の様子は回復不可能に見えました。建物が壊れるだけではなく、沿岸の広い地域がとてつもない波に飲み込まれていき、破壊がさらに進んでいくようでした。さらに、事態は急激に悪い方へと進みました。福島の原子力発電所の被害です。大災害に加えて放射能汚染の危険がでてきました。オランダにおいてさえも、醤油など、日本からの輸出品が放射能リスクのために品薄になりました。日本政府の役割と行動については賛否両論があったようですが、それでも放射能の封じ込めを第一にし、発災後24時間よりは死者数が急増しないようにという策が取られたのは幸いでした。

この暗闇の中で見えた光は、学校の日本人コミュニティや、他の父兄、生徒、先生などが被災した人々のためにできるかぎりのことをしようとした、その努力です。私たちの学校では数千ユーロの寄付が集まりました。さらに、以前当校の父兄であったお母様が、原発の近くに住んでいることもあって2人のお子さんと一緒に当校を訪ねてこられ、おもちゃや衣類などの日用品を私たちと一緒に集め、すべてをなくした人々に送るという支援も行いました。でも悲しいことに、これらすべての努力をしてもまだ生きるために必要な物が足りない人が数千人もいるのです。

当校の「東日本大震災チャリティグループ」は当初オフィシャルでない立場からスタートし、以来、皆の意識を高めるためと寄付金を募るためにかぞえきれないほどのイベントを催してきました。これからもそれは続きます。このグループのおにぎりセールはいつも開始後10分で売り切れるほどです。最近ではホームルーム対抗の寄付金集め競争を行いました。現在、このグループは日本のとある中学校に焦点を当てた支援をしています。ここは震災で壊れた施設をいまだ再建築できていません。12年生でこのグループのリーダーの一人である三橋まいこさんは、「できるだけ長く」この活動を続けたいと願っています。

日本の多くの人の生活はまだ通常通りには戻っていません。多くがまだ家を建てられないでおり、子供たちは津波で破壊された学校施設が資金不足のため再建されないので学校に行けていません。「地震が終わったからといって、それは人々がもう苦しんでいないということではないのです」とまいこさんは言います。「復興への道のりはまだ遠く、このことは日本に甚大な影響を与えています」。持ち物すべてを失っただけでなく、多くの人が命を失い、さらに多くの人が愛する人を失いました。あれから1年が経ちましたが、人々はまだ助けを必要としていますし、忘れられることがあってはなりません。でも、ISAでは「忘れる」は絶対にないでしょう。

エレナ・チネリ(12年生)

-------------------

文中で「中学校の支援」とあるのは、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)中学校のことです。
閖上中学校の写真ニュースページ
http://yuriagejhs.blog133.fc2.com/



This is an editorial in the student paper of International School of Amsterdam. I have translated it into Japanese above so that as many Japanese as possible can read this passage, especially the people in disaster-hit areas.

In this text, "the middle school" ISA began to support is Yuriage Junior High School in Miyagi Prefecture.
Here is the photo news page of Yuriage JHS.
http://yuriagejhs.blog133.fc2.com/


Gambatte Kudasai: We Won't Forget Japan

As spring has finally graced us with its warm, sunny presence, the cherry blossom in the inner courtyard is once again in full bloom. Its physical beauty is breath taking, but even that pales in comparison to what it stands for: the coming together of ISA to aid the people who lost so much in the Japanese earthquake and tsunami last year. I remember waking up that Friday morning and hearing from my sister that the earthquake had struck. At that time, I had no idea how devastating it had been, and did not quite realize it until we spent a Geography lesson watching live Japanese news describing what was going on. Even without understanding the audio, the havoc wreaked was shocking.

The damage seemed irreparable - as if falling buildings weren't enough, vast areas of the coast were engulfed by colossal waves, drastically increasing the level of destruction. On top of that, things took a sharp turn for the worse with the damaging of the Fukushima Nuclear Power Plant. Suddenly, stacked on top of the catastrophe was the danger of contamination; even in Holland, Japanese exports such as soy sauce were lacking, because of the risk of irradiation. The role and actions of the government created some controversy, but fortunately more focus was placed on containment, placed on making sure that the death toll did not continue to rise as rapidly as it did during the first 24 hours.

But shining through this darkness are the efforts of the Japanese Community, as well as other parents, students, and teachers, to provide as much as possible for people in the hardest hit areas. The school raised thousands of euros. In addition, a former ISA parent, who had been living very close to the power plant, came with her two children and helped out together a collection of basic items like toys and clothes to be sent to those who needed them most. Sadly, even after all that work, there are still thousands of people who lack what they need to survive, and a group of students at ISA continue to work hard to improve the people's lives.

The Japanese Earthquake Relief Group started unofficially, simply to raise money for the direct aid, and it has since then held countless events, and continues to do so, to raise both awareness and money. Their onigiri (rice-ball) sales always sell out within ten minutes of opening, and recently they have started an inter-homeroom competition to see who can raise the most money. The group is now focused on a particular middle school in Japan, who has not been able to rebuild their facility since the disaster struck. Maiko Mitsuhashi, a sinior and one of the group's leaders hopes they will continue "as long as [they] can."

The lives of many people in Japan are still not back to normal, many have not been able to rebuild their homes, and children are still not going to school because of insufficient funds to rebuild what was destroyed in the tsunami. "Just because the earthquake has passed does not mean people are no longer suffering," stated Maiko, "the road to recovery is still long, and has left a massive impact on Japan. I hope students can continue to support the victims through the Japan earthquake relief fund at ISA." Many lost their lives, and many more lost people they cared and love, in some cases on top of all their material possessions. Even though it has been a year, they are still in need and cannot be forgotten. At ISA, they won't be.

By Elena Cinelli
スポンサーサイト


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

Holland | 08:03:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。