■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
このブログは、変わります
昨年のドイツ大腸菌アウトブレイクに関して、最新情報を日本語でお伝えするべく作った当ブログでしたが、アウトブレイク終息とともにその役目を終えました。

その後ほったらかしにしておりましたが、先日、子供たちの学校の学生新聞に載っていたEditorial(論説)を読んで、これは日本の人々にぜひ伝えたい文章だと強く思い、その文章を訳して載せる場としてこのブログを復活させることにしました。

311の東日本大震災からすでに1年以上が経ちますが、地震・津波の被災者、原発事故の避難民や放射能問題、解決していない問題は山のようにあります。それでもテレビや新聞は、現実から逃避するかのようにお笑い番組やほんわかした記事を流し続け、ともすると直接の被害を受けていない私たちは311以前の日常がもどったかのように錯覚しがちです。

そんな中で学生新聞に載っていた「Gambatte Kudasai、私たちは忘れていません」の記事。

オランダの片隅のとある学校の学生新聞にすぎませんが、地道に東日本大震災のチャリティを続けてくれていることを、日本の人々に知ってもらいたい。「忘れていないよ」のメッセージを、伝えたい。

そして、日本の現状を、まだなにも終わっていないのだということを、英語で発信することによって少しでも海外に知って欲しい。(大手マスコミの記事は、著作権の問題があるため要約紹介という形になるけれど)



私は一人の翻訳者にすぎません。どこまでやれるかわかりませんが、できる範囲で双方向のアップデートをしていきたいと思っています。

そういえば私の中学校の頃の夢は、通訳者になって日本と海外をつなぐ橋のひとつになりたいということだったな……そんなことも思い出しました。通訳者にはなれなかったけど、いま、翻訳者としてできることを一歩ずつやっていこう。そう思っています。

コメントも大歓迎です。日本語で入れてくだされば英訳もつけさせていただきます。

そんなわけで、あらためて、よろしくお願いいたします<(_ _)>
スポンサーサイト


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

Nuclear accident | 01:20:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。