■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
R.I.P. Mr. Hizumi/日隅一雄さん安らかに
Kazuo Hizumi, a lawyer and freelance journalist in Japan, has died on 12 June 2012 because of gallbladder cancer. He was 49.

Many of the Japanese who watched the internet media closely after the 311 disaster may know his name. He was one of the few journalists who attended each and every news briefing held by TEPCO (Tokyo Electric Power Company who owns the wrecked nuclear power plants in Fukushima).

In a chaotic situation just after the disaster, TEPCO news conferences were held irregularly at short notice, even in the middle of the night. Hizumi and Ryuichi Kino, also a freelance journalist, often spent nights in their sleeping bag on the floor of the TEPCO main building, not to miss the important information released by the company. Their contribution to the public's right to know can't be overestimated, considering the special circumstances of Japanese media (major newspapers and TVs) that just convey what the authority or the company says and never try to pursue the truth in the press meetings.

The biggest contribution of Hizumi, I think, was the cross-examination in the TEPCO press conference on 4 April 2011. On this day, TEPCO suddenly announced to release radioactive waste water to the sea, only few hours before the planned release time. There was no chance for the Japanese public or the international communities to oppose the decision. Then Hizumi and other freelance journalists who attended the meeting strongly questioned TEPCO,asking who decided it, why they decided, and whether there was any alternative. (I was watching this press meeting live on the ustream, and hearing the news of the release of contaminated water I unconsciously got chills down my spine. The only hope for us was their pursuance of the nature of this matter.)

Here is the link to the YouTube video in question. Even if you don't understand Japanese language, you can see only Hizumi (in white jacket) Kino and Uesugi questioned TEPCO. (Other silent participants were the newspersons who belong to major newspapers and TV stations.)

TEPCO press briefing on 4 April 2011
http://www.youtube.com/watch?v=TJpk35I3h0Q

Hizumi was the journalist who pursued truth, even after he was told in May that he had only several months to live. In this crooked media situation in Japan, his efforts were enormous, leading us to the democracy.

R. I. P. Kazuo Hizumi

------------------------------------

2012年6月12日、弁護士でフリージャーナリストの日隅一雄(ひずみ・かずお)さんが胆のう癌のためお亡くなりになりました。享年49でした。

311後にインターネットメディアを注視しておられた方ならば彼の名前をご存じのことと思います。彼は東電の記者会見、政府との統合会見にほぼすべて出席なさっていた数少ないジャーナリストの一人でした。

発災後の混乱の中、東電が開く記者会見は不定期で、開催通知も急であり、会見が夜中に突然行われることもまれではありませんでした。日隅さんと、同じくフリージャーナリストの木野龍逸さんは、東電本社の床で寝袋で寝泊まりしてまで会見に通い詰め、発表される重大な情報を逃さないように努力されていました。記者会見での発表を鵜呑みにして伝えるだけの大手マスコミ。雇われ記者が交代で会見に出席するため誰も一貫して東電発表を俯瞰できなかった大手マスコミという日本の特殊なメディア事情を考えると、継続して会見に参加し東電の矛盾を暴いてくれた彼らの功績は、国民の知る権利に大きく寄与するものでした。

日隅さんの最大の功績は2011年4月4日の東電会見での一コマだと思います。この日、東京電力は、放射能汚染水を海に放出するという突然の発表を、しかも放出予定時間の数時間前というshort noticeで行ったのです。私たち日本国民も、海洋放出で影響をうける世界中の国も、反論の機会はまったく与えられませんでした。このとき、会見に出席していた日隅さんをはじめフリーのジャーナリストは、東電に強く詰め寄りました。(私はこのときの記者会見をライブで見ていましたが、汚染水の海洋放出という事の重大さに背筋が凍ったのを覚えています。そのなかで日隅さんらの追及が唯一の救いに思われました。)

そのときの模様がこちらの動画です。日隅さん(白いジャケット、めがね)、木野さん、上杉隆さんなどが東電を厳しく追及しています。(ここに映っている、メモすら取らず何も言わない大勢の記者たちは、大手メディアの記者です。この重大事件に、どうして質問すらしないでいられたのだろう。)
東電記者会見、2011年4月4日
http://www.youtube.com/watch?v=TJpk35I3h0Q

日隅さんは、2011年5月に余命宣告を受けてからも記者会見に参加なさり、講演を行い、本の出版をされるなど、真実の追求に尽力された方でした。日本のいびつなメディア事情のなかで、私たちを民主主義へと導いてくれた彼の功績に感謝します。

日隅一雄さん、やっと痛みから解放されましたね。安らかに。



日隅さんのブログはこちらです。
http://yamebun.weblogs.jp/my-blog/

東京新聞のおくやみ記事
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/obituaries/CK2012061302100003.html




スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 23:17:38 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。