■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
A burnt car/燃えた車
a burnt car


This is a post on Facebook on 4 May by Shiggy Yoshida.

There was a burnt car left untouched near Kadowaki Elementary School in Ishinomaki City, Miyagi Prefecture.

I was taking a picture of it when a tourist woman came up and asked me,
"Is this a symbol object to remember the disaster?"

"No, it's just left here." I answered.

Memory fades...just as this car weathers.


---------------------------

これは、カメラマン、シギー吉田さんが5月4日にFacebookに投稿した写真です。

門脇小学校の近くに放置されている燃えた車。

写真を撮っていると、観光客の女性が「震災を忘れない為のオブジェですか?」と聞いてきた。

「いや、そのままになっているだけですよ」

記憶は風化していく。この車のように。


スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 22:56:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。