■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
High School Students in Minami-Sanriku
Shiggy Yoshida, a cameraman, is taking pictures of the affected areas, and here is one of his photos taken in the tsunami-hit Minami-sanriku Town, Miyagi Prefecture.

がれき高校生

Shiggy comments;

There is plenty of happy young couples like this in the world...riding on the same bike, running swiftly --- but here, through a town of rubble. It was like a scene from a movie.

Mr Ken Sato in Ofunato City (Iwate Pref.) gave me a comment on this photo, saying that

“There were a lot of elementary school children going to school between piles of rubble here in Ofunato, too. They go to school just like before...but there are temporary houses on the school playground...they don’t even have spaces to play but they all smile and say ‘We are all right!’ I’m sorry for them. I can do things little by little but I swear I will give them better life!”

Adults in the affected areas are frustrated with lumbering reconstruction. Apology and hope for children, all mixed. Still, they struggle to take a step further.

I don’t think I can make a difference, but I want to record these people with my camera...the people who are steadily stepping forward for the future. I believe someday in the future we can look back the event with calm eyes.
Photo taken in Minami-Sanriku Town, Miyagi Prefecture.


---------------------------

どこの街でも見かける高校生のカップル。二人乗りで瓦礫の街を風のように走り抜ける。まるで映画のワンシーンのよう。

この写真に大船渡の佐藤健さんからコメントを頂いた。

「こちらでもがれきの中を登校する小学生の姿がたくさんありました。当たり前のように登校している子供たち・・・校庭には仮設住宅・・・運動する場所さえないのに笑顔で「大丈夫です!」という子供たち! ごめんな!本当に少しずつしか進まないけど何とかするからな!」

なかなか思うように復興が進まない現地の大人たちの想い。子どもたちへの想い。それでも、半歩でもいいから前に進もうとする気持ち。

たいしたことはできないが、これからも現地で未来のために歩を進める人々の記録を少しずつ写真として残していきたい。何十年後かにあんな日があったと言える日がくると信じて。 — at 南三陸町.




Visit his website for more photos.
シギー吉田さんの写真はほかにも以下でたくさん見ることができます。
http://reportjapan.com/




スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 22:19:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。