■プロフィール

Michiyo

Author:Michiyo
I am a J-E/E-J translator living in the Netherlands. In this blog I'd like to share small info and stories on earthquake/tsunami disaster areas that do not appear in major press.
おらんだ在住翻訳者です。「情報の共有」を自分的きーわーどに、時々ボランティア翻訳などにも首つっこむヒト。このブログでは311後のちいさなニュースや情報を日英併記で伝えていきます。
まだ終わっていない。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
On the 2nd Anniv. of 3.11 (2)
Mr. Kazuhiko Abe is a junior-high teacher in Miyagi prefecture. I would like to share what he wrote on his Facebook on the second anniversary of the disaster.

--------------------------------------------

Today I ate as many as three meals.
I was in a warm, cozy room all day.
And I took a refreshing bath, too.

Everything is fulfilled, and yet tears flows and I cannot stop it. I think of the 20,000 and more people who have deprived of their lives by the disaster in spite of their strong desire for life. I think of him, and I think of her. Their voices and gestures. Even I feel like this. What is the families of the deceased feeling now? This makes me cry. I am depressing to think that I can be of no help for the families left.

Tomorrow we will step into the third year after the tragedy. I will appreciate each day and night, and would like to devote my life to create the world where no one will ever suffer from this kind of disaster and loss.



宮城県で中学校の教師をなさっている阿部かずひこ先生。2年目の3月11日にご自身のFacebookにこうお書きになっていました。

今日は3回もご飯を食べました。
一日中,暖房が入った部屋にいました。
そして,あったかいお風呂にも入りました。
 全てが満ち溢れているのに,何度も何度も涙が出て仕方ありません。あの大震災で,生きたくても,突然命を奪われることになった20,000人以上の人たちのことが思い出されます。あの人,この人の顔が,声が,しぐさが思い出されます。私がそうなのだから,ご家族を亡くされた方のことを思うと,涙が止まりません。その方のお力になれない自分が情けないのです。明日から3年目に向けた日々が始まります。一日一日が,もう二度とこのような災害で一人も悲しく,辛い体験をしないことを目指し,この命をささげたいと願っています。


スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 01:25:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
2nd Anniversary of Japan Earthquake/2年が経って
Today is the second anniversary of the Great East Japan Earthquake and Tsunami.

I would like to share my friend "Puchinya"-san's words. She lives in Ishinomaki, where the overwhelming tsunami destructed everything, and she now tries to restore the local economy by creating cute cat-motif purses, all made in Ishinomaki.

-----------------------------------
Thank you for praying for the deceased, and your thoughts for us.

The second anniversary is going to be a cold day, just like the day two years ago.

March 11 is the day we never forget...we saw literally the scenes from hell.

Today, things that happened in these 2 years go round and round in my head and never seem to stop.

The city of Ishinomaki seems much quieter than the previous year.

In fact, there are so many things I want to write about, for example the stagnating restoration and the government's decision for the ways to use restoration budget...

I still feel so frustrated and sad, even after 2 years.

I don't want to be forgotten.

Pray for us; for the people who were born here, have experienced the disaster, and are going to live here.

I would like to spend this day in peace and prayer, with the pride and gratitude for being able to create things "made in Ishinomaki."

--------------------------------------
Puchinya-san's website is here.
http://puchinya.com/
Go see the cute cat purses made in Ishinomaki.


今日は震災2年目の日です。
石巻でメイドイン石巻のグッズを作っていらっしゃる、ぷちにゃさんのことばをシェアしたいと思います。

--------------------------------------
犠牲となった人たちのご冥福を祈り我々のことを想ってくれる皆さんに感謝いたします。

あの日のような寒い一日になりそうです。

あの地獄絵をみた者にとっては忘れられない日である3月11日です。

2年間の事がぐるぐる巡ってしまう今日。

石巻は去年よりずっと静かな様です。

本当は進まない復興とか、復興予算の使い道とか書きたい事がたくさんあるのですが。。

2年経ってもくやしいままなのですが。

このまま忘れ去られる地にならない為にも。

この地に生まれ震災を乗り越えまたこの地で生きる我々を。

メイドイン石巻でやれることに誇りをもちそして感謝をし。
静かに過ごそうと思います。
---------------------------------------

Puchinyaさんのホームページはこちら。かわいい猫の顔のポーチたくさんあります。
http://puchinya.com/


テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 00:48:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
1 1/2 year since 311 tragedy/あの日から1年半
Today is the 1.5 year anniversary of the Great East Japan Earthquake and the subsequent tsunami. I will introduce a woman's view on this anniversary. Her name is Mao Sumiura and she lives in Onagawa, Miyagi Prefecture where tsunami destruction was very severe.


It is 1 year and a half since that day.

With my lasting memory and tears, I stood by the shore of Takashirahama. The sea was sad and most beautiful.

My grandfather was a fisherman in Enoshima Island near Onagawa. My ancestors were fishermen for generations. Perhaps it runs in the family... I still cannot blame the sea.

It is true that the tsunami took away so many things from me and from the town.

But the calm sea gives peace and healing to my soul, as if it's trying to heal the broken heart damaged by the tsunami.

I stand still today. Tomorrow I will start walking again.

I think I will be nearer to the Heaven on 11th of October.

To live is to walk toward the death. If I can see my loved ones again over there beyond the death, I will appreciate each day, and steadily step up the stairs to the Heaven.

Maybe Grandpa, Grandma, Uncle and many of my friends are watching over me who is struggling as a tiny, tiny dot on earth.

Till we meet again...

1 year and a half...

I will walk with the Disaster, the death, the hope, and the pain.

Please wait till I reach you above the clouds.


Visit Mao Sumiura's blog to see beautiful photo of the sea (in Japanese)
http://ameblo.jp/mamu0029/entry-11351841477.html

----------------------------------------


今日で大震災から1年半になります。今日はこの震災で多くを失った宮城県女川町に住む、純浦真央さんのブログをご紹介します。


今日であの日から1年半。

薄れない記憶と涙を抱えて眺める海は悲しいくらいに美しくて。

祖父は江島という女川の島出身で、代々漁師です。その血なのか、やっぱり海を恨むことはできない。

津波は確かに私から町から多くのものを奪っていった。

だけど、穏やかな海は心に平穏と癒しをくれる。

まるで津波で傷ついた心を癒すかのように。

今日立ち止まり、また明日から歩いていこう。

10月11日には、また少し天国に近づいているだろうから。

生きていく事は死へ向かい歩く事で、死の向こうに大好きな人達との再会があるなら、1日1日を尊び、空へ続く階段を登っていこう。

きっと地上の小さな点のような私を、祖母も祖父も叔父も友人達も見守ってくれてるだろう。

いつか再会できるまで。

震災から1年半。

共に歩むよ。震災とも死とも希望とも。痛みとも。

雲のむこうで待っていてね。


純浦真央さんのブログはこちら。美しい女川の海の写真があります。
http://ameblo.jp/mamu0029/entry-11351841477.html

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 23:59:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
Tsunami Photo Exhibition in Cologne /ドイツで津波写真展
A photo exhibition titled "IKIRU -Post Tsunami-" will be held in Cologne, Germany from 18 September 2012, at Photokina 2012 photo- and camera-related trade show.

There will be more than 100 photos of the moment of tsunami strike, how people live after 311 tsunami, and the traditional festivals and calm life lost by the disaster. All carries the theme "生きる" which means "to live."

The exhibition will be held in various cities in Germany after they were displayed in Cologne. For more information, see the link below.

PHOTO EXHIBITION "IKIRU ~POST TSUNAMI"
http://www.jps.gr.jp/ikiru/index.html



ドイツ、ケルンで2012年9月18日から、津波やその後の生活を撮った日本写真家協会の写真展「生きる ~POST TSUNAMI」が開催されます。

100点以上の写真が、FOTOKINA 2012という映像機器見本市のなかで展示されるということです。

この写真展は東日本大震災の1周年を記念して日本各地で開催され、好評を博したもので、ケルンのあとはドイツの他の都市を回るとのこと。

NHKで発表されたときの動画
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120903/t10014738151000.html

写真展「生きる ~POST TSUNAMI」
http://www.jps.gr.jp/311photokina/
(↑こちらのページには参加した写真家へのインタビューもありますのでぜひどうぞ)




テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

ドイツ | 15:16:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
Center for Remembering 3.11/3がつ11にちをわすれないためにセンター
Here is a good website in English to know "after 311" activities in Japan.

"Center for Remembering 3.11" (English page)
http://recorder311-e.smt.jp/

「3がつ11にちをわすれないためにセンター」というウェブサイトのご紹介です。せんだいメディアテークが主催するこのサイトは、311後を記録していくという目的でいろいろな情報を載せています。日英のページがあります。
「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(Japanese page)
http://recorder311.smt.jp/




テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

After 311 | 11:23:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。